おりもの 臭い 対策

おりものが臭い時に取るべき対策について方法をお伝えしていきます。
MENU

デリケートゾーンを石鹸で洗う怖さ

すそわきがの異臭を和らげるための手法として、
石鹸で洗浄しているという方もいるかもしれません。
しかし、石鹸でまんこを洗うのはかなり危険です。

 

石鹸の危険性

手などを洗浄するのであれば、ほぼ問題はありませんが、
まんこを石鹸で洗浄するのは非常に危険です。

 

有害物質が多く含有されている

石鹸の種類によっては多数の有害物質が含有されています。

 

まず、石鹸に含有されている人工香料・着色料が
危険な疾患を引き起こすケースもあります。

 

例えば、着色料の一種である黄色203。この黄色203は、実は発癌性物質です。
癌にまでは見舞われないにしても、アレルギー系の疾患を引き起こす場合があります。

 

そしてよく含有されている、強酸のエデト塩酸(保冷剤)も危ないです。
このエデト塩酸には、アレルギーを引き起こしたり、
血圧を低下させたりする効果があります。

 

すそわきがに石鹸を利用するのは原則NG

これらの理由から、まんこを石鹸で洗浄するのは危険だと判断できるのです。

 

ちなみに、まんこには外側から来た有害物質を
体内に入れてしまいやすいという性質もあります。

 

まんこは一度入った精子が外に流れづらい構造になっており、
その事実が関連していると見られています。

 

石鹸を利用すれば、確かに一時的に綺麗になって異臭も消えるかもしれません。
しかし「その後」が恐ろしいので、やはり利用すべきではないと思います。

 

まんこの適切な洗い方を紹介

すそわきがに陥っていようがいまいが、
原則まんこを石鹸で洗浄するのは止めた方が良さそうです。

 

ただ、まんこ用の石鹸も出回っていますから、
どうしても石鹸を使用したいのであれば、それを選択しましょう。

 

まんこの洗い方

原則、ぬるま湯だけを使って洗浄します。
また、膣の奥の方を洗うのは止めた方が良いです。

 

異臭の起因菌が殖えるのをブロックしてくれている、
常駐菌まで取り去ってしまう確率が高いからです。

 

そして、小陰唇、クリトリス、大陰唇に特に意識を向けながら洗浄しましょう。
これらはシワやデコボコが多々あるので、汚れが落としにくい箇所なのです。
軽く伸ばしたり包皮を向いたりしつつ、細かい場所まで弱めに洗いましょう。

 

繊細な箇所ですから、どのように洗浄するにせよ、とにかく弱めに実行するのが重要です。

 

このページの先頭へ