おりもの 臭い 対策

おりものが臭い時に取るべき対策について方法をお伝えしていきます。
MENU

閉経後のオリモノに関して

ほぼ10代の頃に始まる生理ですが、ある程度の年齢になると
「閉経(生理が終了する事)」します。
ただし、閉経してもおりものは出続けます。

 

閉経後のおりものの変質に関して

「出続ける」とは言いましたが、閉経前と比べると多少変化します。
当然各々で差異はありますが、閉経してからは
徐々におりものの生成分量が減っていくのが普通です。

 

なぜ閉経するとおりのが減っていくのか?

年齢とおりものの生成分量が直接関わっているわけではありません。
実は、女性ホルモンの動きの方に関わっているのです。

 

そして、おりものの生成分量に関わっているのは、
メインとしては「エストロゲン」という名の女性ホルモンです。

 

閉経が近くなると、だんだんエストロゲンの動きが弱まっていくのです。
それに付随して、おりものの生成分量が減っていきます。

 

ですから「直接的には」エストロゲンが関わっていて、
「だいたいの基準としては」年齢が関わっているように見える、
と言うべきなのかもしれませんね。

 

閉経後もおりものには目を向けておきましょう

閉経後の女性は、だんだんとおりものに注意を向けなくなる傾向にあります。

 

女性としての経験が豊富な分、多少の体質の変動は
気にならなくなってしまうという面もあるのでしょう。

 

ただ、閉経後のおりものからも色々と読み取る事ができますので、
確認を怠らないようにしましょう。

 

閉経後におりものが増加した際は疾患を疑ってみましょう

繰り返しになりますが、閉経後は普通おりものの生成分量は減るものです。
しかし、閉経後のどこかのタイミングでいきなり生成分量が増える場合もあります。

 

そしてそれが、体質の変動や疾患を示唆しているというケースが多々あります。

 

その最たるものが、細菌性の「老人性膣炎」という名の病気です。
この病気は感染症の仲間ですから、膣の炎症が原因で、
おりものの生成分量が増える可能性があるのです。

 

その他、婦人科系統器官のどこかに悪性腫瘍が生じているという
重大な事態に陥っているパターンも稀にあります。

 

閉経してからおりものが増えたというのであれば、
健康面で様々なケアをする必要があるのです。

 

閉経してからはむしろおりものが兆候になりやすい!

20〜30代頃が、おりものの生成分量が最も多い時期であると言われています。
その年代でも、おりものが健康面の不調の兆候になっているケースはもちろんあります。

 

ですが、実は閉経してからの方が、おりものが異変が起きた際に、
実際に身体に異変が起きてしまっている可能性が高くなります。

 

ですから特に閉経してからは、分量、臭い、粘度、色合い等が変動したら、
早急に病院に出向く事を推奨します。

 

もちろん閉経前の女性の場合も、心配でしたら病院に行きましょう。
おりものの臭いをケア

 

このページの先頭へ